家族ドライブに最適!買ってよかった おすすめのカー用品10選

おすすめグッズ

緊急事態宣言が解除され、早く家族でドライブに行きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
ということでおすすめのカー用品をご紹介しますので、週末のドライブに備えましょう!

車種限定品編

カーナビ(アルパインBIG X)

まず、はじめは『アルパインBIG X』シリーズのカーナビです。
「ちょっと値段が高いぞ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、このカーナビ、純正ナビより画面がデカいんです!11インチです。
タブレットぐらいの大きさで後席からでもDVD鑑賞ができます。

車種が限定されるのですが、お持ちの車種が発売されていて、家族で遠出をする機会が多い方はぜひ試してみてください。

オートロックドアロックシステム

続きまして、OBD取付けの『オートロックドアロックシステム』です。
と言っても、名称だけでは、何に使うか全然わかりませんよね。
これを取付けておくと、車速を感知して、自動でドアロックをしてくれるパーツです。
どこにつけるかというと、OBD専用のコネクター(運転席のステアリングの下ぐらいにあります)に取り付けます。

もう少し、具体例で説明すると、車を発進させて時速15kmぐらいになると自動で全席ドアロックがかかります。
そして、停車してシフトレバーを『パーキング』に入れるか『エンジンOFF』でアンロックされます。

そう、高級車のあれです。
自分の大衆車が高級車のようになるんです。
さらに、安全にも考慮されており、急ブレーキを感知すると自動でアンロックされる製品もあります。

オン・ボード・ダイアグノーシスとは、自動車各部に取り付けられたECU(Electrical Controll Unit)にプログラミングされている自己診断機能である。On-Board Diagnosticsの頭文字を取って、OBDと略称されている。

出典:ウィキペディア

ドリンクホルダー

3つ目は、槌屋ヤック製の『車種専用ドリンクホルダー』です。
ここの会社は車種専用でいろいろな製品を発売していて、私はいろいろお世話になっています。(回し者ではありませんよ。)
ドリンクホルダーって、「もう少したくさんついていれば」と思うことないですか?
これはヴォクシーのですが、いろいろな車種のものがでています。

スマホホルダー

槌屋ヤック製が続きますが、『車種専用スマホホルダー』です。
スマートフォンって置く場所に困りませんか?
最近の車だと、スマホを置く場所が用意されてるかもしれないですけど、私の車が6年ぐらい前に購入したのですが、置く場所に困ってこれを買いました。
でも、後で紹介するスマホホルダー兼充電器を買って、このスマホホルダーは使わなくなりました。

HDMI接続ユニット

続きまして、『HDMI接続ユニット』です。
これはどういう製品かというと、例えば、スマホの『YouTube』をカーナビに映すためにHDMIで接続するとします。
先ほど紹介したBIG XのHDMI端子はナビの背面にあるんです(そういう製品多いと思います)。
なので、この製品をナビのHDMI端子に取付けて、この製品のスマホ側のコネクタは、空いているスイッチボックスに取付けます。

私の車は、この製品が発売される前は、配線の見栄えが悪かったんですが、この製品でそれが解消されました。

iPhone関連編

つづいて、スマホ関連のカー用品ですが、私がiPhoneユーザーなので、iPhoneに特化した紹介になります。申し訳ありません。

HDMI変換ケーブル

iPhone編のひとつ目は、HDMI変換ケーブルです。
「iPhone」→この「HDMI変換ケーブル」→「HDMIケーブル」→「HDMIコネクタ」(先ほど紹介した製品)→「カーナビ」という接続でiPhoneの『YouTube』などの映像をカーナビに映すことができます。

スマホホルダー兼充電器

先ほどのスマホホルダーの最後に少し触れましたが、続いては、スマホホルダ兼充電器です。iPhoneでなくても、Qi対応のスマホなら使えると思います。
置くだけで充電というのが、非常に便利です。

車内に乗り込んで、スマホと充電ケーブルをつなぐという、この手間がないというのは、少しのことなんですけど、全然違います。
そして、この製品はコストパフォーマンスが非常にいい!安いんです!

エアコンの吹き出し口に取付けるのですが、少しぐらつきはありますが、数か月使っていますが、いまのところ、運転中にスマホが落ちることなく使えています。
Qi対応のスマホをお持ちの方には、おすすめです。

番外編

紛失防止タグ

番外編のひとつ目は、『紛失防止タグ』です。
カー用品ではないですが、私が車の鍵にこれをつけているので、エントリーしました。(こじつけで申し訳ありません。)スマートタグとも呼びます。

スマホと連動させ、紛失したときに、スマホのアプリから音を鳴らして探しだしたり、スマホとタグの電波が届かなくなった場所がどこかを調べたり、逆にタグからスマホの音をならしたりできます。

紛失防止タグで有名なのは『mamorio』や『tile』だと思うのですが、電池が交換できるタイプで、私が探した中で一番コストパフォーマンスが高いのがこの製品だったので愛用しています。

子供にも持たせているので、万一迷子になっても探し出す手掛かりぐらいにはなるんじゃないかと思っています。

配線ガイド

番外編のふたつ目は『配線ガイド』です。
これは、車内の配線作業をするときに効果抜群です!
使い方は先端の環っかの部分に通したいケーブルをひっかけて、この配線ガイドを通したい場所に先に通します。
針金のように自由に形が変わるので、細いところをケーブルを通すときは重宝します。

Amazon Prime Video

Amazonプライムビデオはこちら

最後は、『Amazon Prime Video』です。
「カー用品と関係ないじゃん!」とツッコミがはいりそうですが、私の場合、遠出をするとき、事前に自宅のWi-Fiでスマホにダウンロードをしておき、車でHDMI接続してナビで観ることが多いのです。

子供たちが『鬼滅の刃』にはまっているので、この方法で”シーズン1”を全部みました。プライム会員の無料体験などを使えば、タダで試すことができるので、おすすめですよ。

ただし、ここまでおすすめしておいて、恐縮ですが、『HDMI変換ケーブルは『Prime Video』などの有料配信に対応していません』という注意書きがあるので、この方法は保証できません。
私は問題なく使えてるんですけどね。

どうしてもという方は、試しに購入してみるという方法もありだと思います。
返品に対するハードルの低さもAmazonのいいところのひとつですよね。
もちろん、自己都合なので、送料は負担しなければならないですし、乱用はNGです。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
お値打ちなものも多く普段使いが可能なものも含まれているので、試してみてください。プチ車いじりも楽しいですよ。
では、コロナ明けのドライブを今から楽しみにもう少し自粛しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました