公衆無線LAN(フリーWi-Fi)の有料サービスを比較|メリットとデメリットは?どっちがお得?

パソコンとWi-Fi節約術

カフェで仕事することがあるんだけど、
セキュリティーって大丈夫?
ギガも使いすぎだし、いい方法ない?

じゃあ、有料の公衆無線LANサービスを紹介するね

今回は、有料の公衆無線LANサービスである『ギガぞうWi-Fi』『ワイヤレスゲート』の比較をしていきます。

公衆無線LANサービスのメリットとデメリット

公衆無線LANが使用できる場所は、カフェやファーストフードはもちろんですが、居酒屋、ファミリーレストラン、公共交通機関や各自治体が提供しているものなど、いまやあらゆる場所で使えるようになってきています。

まずは、公衆無線LANのメリットとデメリットを整理していきます。

メリット

公衆無線LANのメリットは、なんと言っても、スマホなどの通信速度制限を気にすることなく、Wi-Fiを利用してインターネットに接続できることだと思います。
有料のサービスでもそれほど高くないので、スマホの通信費を安くすることができれば、トータルで安くなります。

デメリット

一方でデメリットは、「セキュリティーが心配」、「通信速度が遅くて使えないサービスが多い」といったところではないでしょうか。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、偽の公衆無線LANにつないでパスワードを入力したために情報を盗まれてしまうというシーンがあり、セキュリティーに対しては、他人事ではないなと思われた方も多いのではないでしょうか。

確かに、無料のものを利用する場合は、自己責任になりますので、個人情報が流出しないように配慮が必要です。

通信速度に関しても、無料のサービスは電波が弱くて結局使えないということが多々あります。

しかし、有料のものはセキュリティー対策として、VPNという暗号化技術を利用したものや電波が弱い場合はWi-Fiには繋がないという設定にできるなどデメリットを補うようなサービスが提供されています。

有料の公衆無線LANの比較

国内には主な有料サービスとしては、『ギガぞうWi-Fi』と『ワイヤレスゲート』という2つがあります。こちらが比較表になります。

比較表1

ギガぞうWi-Fiはプランが豊富に準備されており、国内で利用できる場所が約10万か所もあります。

一方で、ワイヤレスゲートは世界で約2,000か所も利用できる場所があります。

したがって、国内での利用がメインの方はギガぞうWi-Fiがおすすめで、海外でも頻繁に利用する方はワイヤレスゲートがおすすめです。
つぎにもう少し詳しく説明します。

ギガぞうWi-Fi

比較表2

まず、ギガぞうWi-Fiですが、3つの料金プランが準備されており、このほかに、BIC SIM利用者のための専用プランがあります。

セキュリティーは会員専用Wi-Fiはもちろん、フリーWi-Fiについても、こちらの図のように、VPNで暗号化されているため安心です。

ギガぞうVPN
出典:ギガぞうWi-Fi公式HP

ギガぞうWi-Fiのそれぞれのプランの特徴や実際にどのくらい通信容量が節約できるかなどの詳細をこちらの記事にまとめています。

>>ギガゾウWi-Fi公式サイトはこちら

ワイヤレスゲート

比較表3

ワイヤレスゲートには2つの料金プランがあり、世界約2,000万か所で使える『ワイヤレスゲートWi-Fi FonプレミアムWi-Fiプラン』と国内約4万か所で使える『ワイヤレスゲートWi-Fiプラン』です。

また、この表に書かれていない特徴としては、複数の公衆無線LANサービスを一つのID・パスワードで利用することができます。

>>ワイヤレスゲート公式サイトはこちら

最後に

比較結果をまとめると国内での利用がメインの方は『ギガぞうWi-Fi』が、海外でも頻繁に利用する方は『ワイヤレスゲート』がおすすめです。

私は海外に行くことがほとんどないため、ギガぞうWi-Fiを利用して通信費をだいぶ抑えることができています。
通信費などの固定費は一度見直しをすれば今後も長期に渡って節約になります。
この機会にぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました