スマートスピーカーで家電を操作するおすすめな方法

おすすめグッズ

Alexaがあるのに
声でテレビやエアコンを操作するのって
最新の家電じゃないとできないの?

スマートリモコンと連携させるとできるよ!

こんなことでお困りではないでしょうか?
『スマートスピーカーを買ったのにテレビやエアコンの操作はリモコンでしか操作できない!』、『スマホで外出先からエアコンを操作できたらなぁ』、『リモコンが多すぎて、いざ操作しようとしても必要なリモコンが見つからない!』このような悩みを解決できるのが、この記事で紹介する『スマートリモコン』です!

でも、高いんでしょ?
それか、安くても設定が複雑だったりするんでしょ?

大丈夫だよ!
設定方法さえ分かれば、安い海外製品でも十分使えるよ!

スマートリモコンでできること

  • いま使っている家電そのままでスマートスピーカーから音声操作できる
  • 外出先からでも家電をスマホで操作できる
  • 複数の家電を『定型アクション』として紐づけて、同時に操作できる
制御イメージ

順番に説明していきます。
1つ目は、いま使っている家電がスマートスピーカーなどに対応していなくても、赤外線リモコンで操作するタイプでしたら、この記事で紹介するスマートリモコンをつなげることでスマートスピーカーから音声で操作ができるようになります。(上図の①音声制御)

2つ目は、この記事で紹介するスマートリモコンをスマホで制御することで外出先から家電を操作できます。(上図の②スマホ制御)
例えば、家に帰る前にエアコンの操作をして暖房をいれておけば、家に着いた時には、部屋の中が温かい状態になっている。
なんてことができます。

3つ目は、例えば、「アレクサ、おはよう!」と言うと、テレビとエアコンがついて、スマートスピーカーが今日の天気を教えてくれる。などの『定型アクション』を設定することができます。

スマートリモコンの設定方法

これが実際のスマートリモコンと付属品、取扱説明書の写真です。
この製品の設定手順を説明していきます。
中国製ですが、英語の取扱説明書です。
型式は『SRW-001』という記載がありました。
製品の裏面にはWi-Fiのマークがついたボタン(赤丸の部分)があります。

やっぱり、設定が難しいんじゃないの?

実は僕もかなり苦戦したんだよね。
でも、これから説明する手順にしたがっていけば大丈夫だよ!

スマホにアプリ(Smart Life)をインストール

それでは実際に設定の手順を説明していきます。
まずiPhoneにアプリをインストールします。取扱説明書に『1:Download Smart Life』というタイトルでQRコードがついているので、カメラアプリで読み込むとリンクが切れていました。(初っ端から前途多難の予感が。。。)

気を取り直して、App Storeで『Smart Life』を検索して、無事にアプリのインストール完了しました。
その後は、指示に従ってアカウントを作成します。

Smart Lifeにスマートリモコンを登録する

アカウントを作成後、下の左の画面で右上の『+』をタップすると右の画面になるので、『自動スキャン』をタップします。

ここで、スマートリモコンの裏面の『Wi-Fiボタン』を長押しをして、しばらく待つと認識されます。
ただし、ここで注意しなければならないのが、『2.4GHzのWi-Fi』にしか対応していないということです。

スマートリモコンに家電のリモコンを学習させる

スマートリモコンが認識されると下の左の画面のように『Smart IR』(赤枠の部分)が追加されるのでタップします。
続いて、右の画面になるので『リモートコントロールを追加』(赤枠の部分)をタップします。

テレビ(ブランドが既に登録されている場合)

次にテレビのリモコンを学習させていきます。
下の左のように『デバイスのタイプを選択』する画面になるので、『テレビ』(赤枠の部分)をタップし、『ブランドを選択』する画面に進みます。
続いて、検索窓に使用しているメーカーを入力します。
ここで筆者がはまった罠が『Panasonic』ではいくら検索しても見つからないということです。『東芝』や『日立』があるのでPanasonicがないはずがないと思い何度もトライしてもダメ!諦めかけたその時、『National』を見つけました。
ま、ま、まさか!そうなんです。
Nationalで登録されていました。。。

気を取り直して、『National』を選択すると、上の右の画面になるので、いま使っているリモコンをスマートリモコンに向けて、3つほどボタンを押します。
そうすると『マッチ』(赤枠の部分)がアクティブになるので、タップすると完了です。

シーリングファン(ブランドが登録されていない場合)

ブランドが登録されている場合は、上のような手順ですが、登録されていない場合についても説明します。登録されていない場合は、下の左の画面の『デバイスを選択』で『DIY』(赤枠の部分)をタップします。そして、右の画面に進むので『ファン』(赤枠の部分)をタップします。

さらに、下の左の画面で『Other』(赤枠の部分)をタップすると、右の画面に進むため、ここで学習させたいボタンを選びます。例えば、電源ボタンを学習させるとして、赤丸の部分を長押しします。

長押しをしていると下の左の画面に進みますので、いま使っているリモコンの学習させたいボタンを短く1回押します。
ここで、長押しをしたり、2,3回押してしまうとうまく学習できないことがあります。右の画面に進めばOKです。
ボタン名称を自由につけられるので、下の右の画面で入力します。
これを繰り返し、リモコンのボタンの学習が終わったら、右上の『Done』ボタンをタップして、完了です。

スマートスピーカー(Amazon Alexa)との連携

ここまでの手順でスマホ制御が
できるようになったってこと?

そうだよ。
次から説明する手順ができると
スマートスピーカーで音声制御ができるようになるよ!

Amazon AlexaにSmart Lifeのスキルを追加

もうひと息で音声制御ができるようになります。
まず、Amazon Alexaに『Smart Life』のスキルを追加します。
『PCでスキルを追加する方法』と『スマホでスキルを追加する方法』の2通りがあり、どちらの方法でも構いません。

PCでスキルを追加する方法

Amazon Alexaと同じアカウントでAmazonのサイトにログインします。そして、Alexaスキルの『Smart Life』を検索します。

Smart Lifeを選択し、下の画面で『有効にする』(赤枠の部分)をクリックします。

スマホのアプリでスキルを追加する方法

つぎにスマホアプリで追加する方法を説明します。
まず、Amazon Alexaのアプリを立ち上げ、下の左の画面の赤丸の部分をタップし、メニュー画面を開きます。右に画面に進むので、『スキル・ゲーム』(赤枠の部分)をタップします。

下の左の画面で『Smart Life』を検索し、右の画面に進みます。『有効にして使用する』(赤枠の部分)をタップします。

Amazon Alexaに複数の家電を同時に操作させる方法

これで声で操作できるようになったんでしょ?
じゃあ、設定も終わりだね。

そうだね。
でも、さらに便利に使えるテクニックがあるんだ!

何それ~?

『スマートリモコンでできること』のところで説明したように、複数の家電を紐づけるとさらに便利になります。
次に『定型アクション』の設定方法について説明します。

Alexaアプリのホーム画面(下の左の画面)で赤丸の部分をタップして、メニュー画面を開きます。
右の画面で『定型アクション』(赤枠の部分)をタップします。

下の左の画面で『+』(赤丸の部分)をタップして、新しい定型アクションを設定します。
右の画面の下から『アクションを追加』でどの機器をどうような操作をさせるかを設定します。複数のアクションを追加できます。
次に『実行条件を設定』で何をトリガーとして実行させるかを設定します。
『定型アクション名を入力』で定型アクションの名前をつけます。

例えば、筆者は下の左の画面のように『アレクサ、暖房つけて』と話しかけると、シーリングファンと暖房が同時に起動するように設定しています。
また、右の画面のように『実行条件を設定』では、4つのトリガーを設定できるようになっているので、アイディア次第では、快適なスマートホーム化が実現できるようになると思います。

スマートスピーカーを持っていれば、2,3千円もあれば、この記事で紹介したようなことができるようになります。持っていない人でもスマートスピーカー自体が2,3千円もあれば手に入ります。
ぜひお試しください。

この記事が少しでもおもしろかったという方は、Twitterでシェアしていただけると、今後の執筆活動の励みになります。

Twitterでは、ブログやYouTubeなどいろいろなメディアで見つけた有益な情報を中心につぶやいています。ぜひフォローしてみてください!

また、にほんブログ村のランキングに参加しています。
下の『にほんブログ村』か『ブログ村読者登録』のリンクをクリックしてくれたら、
エースケのリトルボーイがよろこびます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました